獣医学生のブログ

獣医学生による知識のアウトプットと考えたことを書いていきます。よかったら読んでください。

生きる

今僕は文章を書いている。

 

ほんと気まぐれで書いている。

 

生き物は生を受けた瞬間から死という終わりを迎えることが決定されている。

 

今僕は猛烈に生きる意味が見いだせなくなっている。

 

ネットでは、親、友達が悲しむ、生きてないと楽しいことができないとか書いてあるけど、死んだら気にならないし考えられないから関係ないと思う。むしろ誰々の為にとかいうのが嫌い。

 

なら、何故生きるのか

 

自分は職業柄死と近い存在だと思っている。

その気になれば生かすも殺すも自由自在。

 

たぶんその気になればたいして迷惑をかけずぽっくり死ねると思う。

 

なんで生きるのかわからない。

 

先述の通り誰々の為は嫌いだし、何々が楽しみ!とかいうのも死んだら気にならない。

 

最近ふと思ったのは、魚なり虫なりが自分の遺伝子を後世に残したいが為に食事をとり、外敵と戦い、子を作って死んでいくという種の保存に全力を尽くしているのは果たして意味があるのかということ。

 

その種の保存のサイクルに明確なゴールはあるのか、ないだろうから無駄ではないのか。

 

等考えてたら生きる意味が見出せなくなったという話。